自公議員もザンゲ 儲かったのはヤミ金融と弁護士だけ

 あの法改正は間違いだった――。多重債務者を減らす目的で昨年施行した「改正貸金業法」について、成立時に与党だった自公の議員からも反省の弁が出ている。法改正から9カ月。消費者金融が縮小する一方で、ヤミ金融が活況に沸いている実態が明らかになった。
 民主、自民、公明、みんな、の国会議員が呼びかけ人になっている超党派の「貸金業法改正の影響と対策に関する勉強会」。9日の会合で、東京情報大の堂下浩准教授が発表した調査結果は、驚くべきデータばかりだった。
 まず、法改正で消費者金融から借りられる額が年収の3分の1以下に抑えられたことにより、消費者金融利用者の借入残高は84万円(06年)から50万円(10年)に減少した。しかし、その代わり、親族や友人からの借り入れは50万円(06年)から90万円(10年)に拡大。ヤミ金融の利用者は推計で42万人(09年)が58万人(10年)まで増加している。
 最近は取り立てをしない“ソフトヤミ金”が主流。そのため、ヤミ金融に手を出して後悔した割合は61.4%(08年)から46.0%(10年)に減り、ヤミ金に恩義を感じている人までいる。公明党の遠山清彦衆院議員は、実際にヤミ金融業者に会って、ガク然としたという。
「そのヤミ金融業者は足を洗いたいが、顧客が40人いて、『アンタがいなくなったら、借りるところがなくなる。やめないでくれ』『足を洗うなら、ヤミ金は違法行為なのでアンタを訴える』と逆に脅されるような状況です。3万円程度の小口の貸し出し中心で、年利は1500%。それでも貸し倒れはほとんどないそうです」
 この問題に詳しく、勉強会の講師も務める、政策研究大学院大学客員教授の石川和男氏がこう言う。
「本来、多重債務問題は社会問題であり、カウンセリングや心のケアが必要なのです。それを金融政策でやろうとしたから失敗した。メディアも政治家も『消費者金融を叩け!』という異様な空気の中で、法改正をしてしまったのです。失敗は元に戻さなければいけない。今度は社会政策として再び法改正すべきです」
 結局、貸金業法が改正されて喜んでいるのは、債務整理や過払い金請求を手がける弁護士と司法書士だけ。彼らの大手消費者金融7社からの受取手数料累計額は、この4年で4000億円超にまで膨らんでいる。こんな歪んだ法律は見直し必至だ。
(日刊ゲンダイ2011年3月10日掲載)



http://news.livedoor.com/article/detail/5410287/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


巡回パトロール増員へ 自殺防止対策を強化
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110311-00000001-agara-l30



高橋健介 アトピー
三浦ひろみ 即効ボディメイク
赤井澤剛 クリティカルアローFX

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック